印鑑登録をするまで

印鑑登録イメージ

押印は意思表示や認証の手段としての意味を持ちます。
契約書に押印することは契約内容を承認し締結するという意思を表明するということです。
個人を証明するものとしては、同じ印影の印鑑を本人以外には持ち得ないという前提の上に用いられています。

よって、市区町村に届出る印鑑登録には大量生産の既製品や摩耗によって印影が変化するゴム印を使用することはできません。
文書に押された印影を先に登録した印鑑と照合して間違い無く当人の意思によるものかを確認するのです。
印鑑登録した印鑑は実印となり、印鑑証明書と合わせて効力を発揮します。

実印及び印鑑証明が必要になる手続きとしては不動産の売買や自動車の売買、遺産相続、公正証書などがありますが、いずれも高額なお金の取引など重要な場合です。

り扱いと保管には十分気を配りましょう。まずは印鑑を作成し、印鑑登録しましょう。
適切と思うサイズ、印材、書体を選んで印鑑を購入します。

インターネット上で通販できる印鑑屋さんが多数ありますので、見較べてみましょう。大体の相場が分かるはずです。
心当たりのはんこ屋があるならそこで購入してかまいませんが、専門店で直接購入する場合以外はインターネット通販や、スーパーやプリントショップなどの窓口店舗に注文書を提出する形で購入することもできます。
オーダーメイドでもスピード仕上げを頼める印鑑屋さんではそんなに時間がかからず手に入れることができます。

一度仲介店舗を通して受け取る場合は少し時間がかかるかもしれません。

ページの先頭へ