意思表示や認証の手段

シャチハタイメージ

毎日のいろいろな場面で、私たちは何気なくはんこを使っています。
そのはんこを押すということの意味を、どのくらい理解して使っているでしょう。

自分のことを振り返ると、シャチハタのような朱肉無しで素早く押印できる便利なはんこが手に入ったことで、あまりにも気軽に、ほぼ無意識にその行為をしてしまっていたような気がします。

最近転居にともなって手続きのために押印する機会が多くあったのですが、印鑑を用途で使い分けるということをはじめて意識した気がします。
はんこはむやみに押すものではないと分かっていながら、例えば記名が面倒だからその代わりに認め印を押印するといったような、割合軽率な使い方をしていたなと思い当たったのです。

押印は意思表示や認証の手段としての意味を持ちます。
契約書に押印することは契約内容を承認し締結するという意思を表明するということです。
シャチハタだからただの認め印だからといっても、押印自体の効力に変わりはありません。

忙しいからと、よく読みもせず書類などに確認印として自分の名前の入ったはんこを押してしまっていませんか?
法律上の効力が充分にある行為ですので、あまり軽く扱わないようにしたいものです。
どのような場合にも書類の内容をしっかり確認して理解してから押印するようにしましょう。

認印というのは実印ではない、つまり印鑑登録していないはんこのことですが、その意味では銀行印も認印に含まれることになりますね。

ページの先頭へ